会長方針
クラブ概要
会 員
同好会
行事予定


 
クラブ週報
メイクアップ情報

主な活動

卓話
クラブフォーラム


 
用語の解説

リンク集

姉妹提携クラブ

歌舞伎フォーラム

 
旧東海道記念碑について

 

 


この記念碑は、静岡中央ロータリークラブが平成3年6月に静岡市へ寄贈したものです。
古庄から「栗原跨線橋」を越えた東海道線の脇にあります。

 

1. 話の発端
 平成2年頃の「静清土地区画整理事業」から、静岡市の栗原地区の整理も進み昔の面影は一変しました。特にここにあった「旧東海道」が消えてしまうのは淋しい、この地にその記念碑をほしいとの地元の要望があり、大橋亘年度のときに幹事(杉坂博一)、社会奉仕委員会(委員長吉川正宏)が中心となり「旧東海道記念碑」を作ることとなりました。


2. 建設と除幕式
 土地は静岡市から提供していただき100万円の費用をかけ「福島産業石材」が施工しました。平成3年6月30日(日)に現地にて静岡市役所、町内会の皆様にもお出で頂き、「旧東海道記念碑の寄贈・除幕式」を行いました。この間の経緯などにつきましては杉坂幹事が小冊子にまとめて下さっています。


3. その後の経過
 このようなものは、作る時は良いのですが問題はメンテナンスです。建前は市役所が管理するとなっていますがここまではなかなか目が届かず、かなり荒れ放題となっていました。そこでまず平成16年度に社会奉仕委員会(委員長杉山寛)が中心となり会員の皆様に整備・清掃をしていただきました。このままではまた荒れてしまいますので、更に地元の老人会に花壇のお世話をお願いしました。その後は四季毎に花壇がきれいに整備されるようになり、栗原町内会・老人会の皆様には有難いことだと思っています。

 

4. 旧東海道記念碑の現状
  旧東海道を歩く旅行クラブもありますが、ここで必ず記念写真を撮っていくそうです。観光案内の本にも掲載されていますし、花壇が整備されるようになったこと、観光客が見て下さること、地元にも大切にされていることなどから意義ある社会奉仕事業であったと思っています。何かの折にご覧ください。